彩聖健人監修
姓名判断 彩~無料姓名判断~

姓名判断をどう活用するか

さて、ここまで姓名判断についての説明・解説を行ってきましたが自分の名前に「どのように活用すべきか?」という具体的なイメージが浮かびにくい人もあるでしょう。そこで、これから「姓名判断の活用法」について、わかりやすく説明をしていきたいと思います。
まず、最初にご紹介するのは赤ちゃんの名前をつけるときの姓名判断利用法です。生まれてくる赤ちゃんの名付けというのは、我が子の運命を決めるようなもの。赤ちゃんがどのように成長して、どんな人生を歩み、将来どのような人と結婚するのか? いったいどんな仕事に就くのか? そして、幸せな人生を送れるのかどうか? 愛する我が子に対する思いが強いほど、様々な感情が湧き出してくるのではないでしょうか。生まれてきた新生児・赤ちゃんを守り、育てていく親としては子どもの人生・運命についての心配や不安などもあるでしょう。また、こんな子供になって欲しい、○○のような人生を送ってほしい、お金に困らないように、健康で元気に過ごせるように、そして何よりも幸運で幸せな生涯を送って欲しい…… 赤ちゃんにかける願いはいくつでも挙げられるのではないでしょうか?
そこで役立つのが、姓名判断です。「名前」というのは赤ちゃんが生まれる前から準備できる、我が子への最初で最大の贈り物かもしれません。もちろん、ご家庭によって赤ちゃんの名付けは千差万別。両親の好きな名前、流行の名前、先祖代々から引き継がれている命名のルール、縁起のよい漢字を使うなどなど、ご家庭によって名付けの方法はまちまちでしょう。ですが…… 古い伝統のある名付けの手法でもある「姓名判断」の決まりに沿って、授かった赤ちゃんの名前を決めるというのも大切なこと。「姓名判断」に長い歴史があり、現在でもその理論がすたれずに継承されているという事実は姓名判断の信ぴょう性の高さを示していると思うのです。人がそれぞれに持っているオリジナルの名称=「苗字と名前」の画数を姓名判断的に計算し、運命を読み取ったり、将来のことまでも予知することもある占い(姓名判断)。ふつうは、一生に一度だけの儀式である赤ちゃんの命名ですから、最高の名前を付けたいものですよね。そのためにも、きちんとした知識や幅広い名前の選択肢を持っておくのが重要です。一概に、姓名判断だけをもとにして赤ちゃんの名付けをすることが正解とはいえませんが、ひとつの方法として知っておくのは得策だと思うのです。

姓名判断はこの名称のとおり、姓(苗字)と名前をもとに判断する占いなので、姓と名のバランスや姓名の画数の合計である総画数も判断の材料になります。名前の画数の合計、というのは姓名判断でいうところの「地格」にあたり、個人の人生を左右する大事な部分になります。つまり、「名前」というのは赤ちゃんの個性を運命づけるほどのパワーを持っているということ。生まれてから成長していってだいたい成人するまでの間の運命・運勢・ラッキー度が「名前」によって影響されることになります。パーソナリティ、キャラクター、人格の形成や人との関係性、そしてどのような環境で育っていく運命にあるのかが赤ちゃんの名前によって分かれるとしたら、名付けがいかに重要で重大なものかがわかってくるでしょう。成人して、我が子が独り立ちするまでの道のりが親の授ける名前によって左右されるという事実。その大切さを姓名判断では知ってほしいと願っており、当サイト「ナノテンス」でもより多くの人に姓名判断を活用して欲しいと思っています。

赤ちゃんの名前は思いつきや、そのときの人気の名前、流行っている名前、人から勧められた名前だからと名付けられるケースもあるかもしれません。その場合、ぜひ試して欲しいのが名前の画数を計算して姓名判断的にはどうか? という分析なのです。好きな名前、両親にとって思い入れのある名前を付けたいときこそ、是非その名前の「画数」を割り出して、吉数なのか凶数なのかを見てあげて欲しいと思います。無料で使える姓名判断サービス「ナノテンス」なら、何度でも自由に納得いくまで赤ちゃんの名前について調べることができますし、画数による赤ちゃんの辿る運命、どんな赤ちゃんの名前が吉でどの名前を命名で避けるべきかまで診断することができます。
まずは赤ちゃんの名前の候補をできるだけ沢山用意して、その名前を様々な漢字に変換しながら名付けに使えそうな赤ちゃんの名前リストのようなものを作成してもよいでしょう。そうした下準備を整えたうえで、ナノテンスの姓名判断サービスを活用するのもおすすめです。無料の姓名判断「診断項目」に、ご両親の苗字を入力し、そして赤ちゃんの名前の候補一覧から順番に名前を入力していけば、どの名前があっていて、どういった名前が適さないかが即座に判断できるはずです。