彩聖健人監修
姓名判断 彩~無料姓名判断~

相性

人それぞれの「名前」によって運命や性格、運気の流れなどを読み取ることができる姓名判断。姓名を知っていて、名前の画数がわかれば診断できるという姓名判断は恋愛や結婚、友情運、対人運など「人との関係性」や「相性」についてもアドバイスやヒントを出してくれる便利ツール。気になる異性との相性、友人との相性、親しい人との関り方のヒントになるあらゆる「相性」についても姓名判断で出すことが出来るのです。
占いに使う「五格」のうち、恋愛や友情、人との関係性や相性と深く関係するのが「人格」や「地格」になります。
たとえば、画数の合計の下一桁が「1系統」の人と相性が良いのは同じく1系統の人。異性・同性かかわらず同じ画数を持っている人とは基本的な相性が良く、恋人としても友人としてもうまくやっていけるでしょう。また、その他の画数の系統についても総じて「同じ画数」の人とは性格や好みが似通っている場合が多く、共感しやすいので一緒にいて衝突したりケンカになることがあまりないようです。例えば、姓名判断での画数が1系統の人は、正直で素直。ポジティブに物事を捉える傾向があるので、明るくて穏やかな人が多いのが特徴。自分に正直であると同時に、人に対しても誠実なタイプが多いので付き合うと安定した交際ができるでしょう。また画数が1系統の人どうしで恋愛・友情を育む場合、相性がとても良好なので相互の気持ちが通じ合い、信頼関係を築きやすいといえます。長く続くカップル、友人関係が成り立ちやすいので長期的で安定した絆が生まれやすいのもメリットといえます。

このように名前によって恋愛運や友情運が影響をうけ、相手との相性をも左右することがわかってくると「名前」について注意したいこともわかってきます。人との相性や恋愛運、対人運や友情運に悪影響を及ぼす可能性のある凶数としては、画数2系統があげられます。名前の画数の合計が 2,12,22,42などはできれば避けたい画数で、人との離別、障害のある恋愛や相性の問題、結婚運や結婚相手との相性について問題が起きやすい画数といわれています。「2系統」というのは、基本的に分離分裂の凶数。トラブルに巻き込まれたり、周囲からの助けが得られなかったり、越えがたい困難のために挫折や失敗をしやすい数字だというのです。また、 家庭運が良くないので結婚したとしても、離婚したり、夫婦間でのいさかいやトラブルが多く、円満な家庭生活が送りにくいケースが多いという説も。

姓名判断の知識を活かして、恋愛運をあげたり、相手との相性を改善するためにはまず自分と相手の「名前」「姓名」を使って、それぞれの運命を占い、その後相性について分析していくのが有効。女性が使うと凶とされる画数だったり、生涯独身のままになりやすい名前、使わないほうが良い漢字や名前というものがあるので該当しないかどうかをチェックする必要があります。とはいえ、姓名判断(占い)というのは名前の画数さえ良ければOK、あるいは総画が大吉なので安心というものでもなく、五格の組み合わせや吉凶のバランス、全体の調和など本格的な診断ののためにはしっかりとした知識が求められるもの。そのために、当サイト「ナノテンス」のように無料で本格的な姓名判断が利用できるサービスが提供されているのです。姓名の画数を部分的に計算したり、一部分だけを読み取って恋愛運を判断したり、相手との相性を分析すると誤った鑑定によって間違った判断を下してしまう可能性も……。そのようなことのないよう、姓名判断・名前占いのプロに鑑定を依頼したり、そうした占い師や専門家が監修しているサイトを利用することをおすすめします。